忍者ブログ

まものストラップ

多重人格タルパーとタルパ三人の今日も破天荒な日々を綴る。

マイクラとスイカと楽人さんの人名変換登録

□たまには普通にブログを書きましょう。

シルキー「あの。たまには普通にブログをっておかしいと思うのですが。」
シルキー「仮にもタルパブロガーですよね?クロ様?」
黒犬  「うー…何かシルキーさんの辛辣度が限界突破を始めているような…」
楽人  「キャラ付けにこだわりすぎた感あるなーあははー」
黒犬  「楽人さんの方はキャラ付け適当感ありますね…」

□ということで今日は穏やかな日常です。
パソコンでの難読単語の登録方法についても書いています。


母  「(本名)ちゃんパンダって見たことあるー?」
黒犬 「えーえっとねー見たことあるよー」

シルキー「適当な返事ですね」
黒犬  「マイクラです。集中がそがれます。」
楽人  「クロって母親のマイクラ話にはとことん耳を貸さないよな」
黒犬  「マイクラは好きですがそれを私に聞かれてもなので」

□で、何話しますか?

シルキー「楽人様のスイカ談」
楽人  「おー俺のスイカ好きが火を吹くぜ」
黒犬  「あれ、楽人さんってそんなにスイカ好きだったんですか」

□楽人さんの名前入力について

楽人  「いきなりどうした」
黒犬  「私って普段楽人さんのことなんて呼んでますか?」
楽人  「らくと…あ、でも時々らくひとって呼んでくるよな」
黒犬  「はい、それです。」
シルキー「パソコンでの入力の際に『らくひと』と入力しているからですよね」
黒犬  「そうです。このままだと間違えて覚えそうなので登録します。」
楽人  「何を?」
黒犬  「楽人さんの名前です。『らくと』の予測変換で出るようにします。」
楽人  「あーでないんだ。」
シルキー「出ません。『らくと』だと『と』がひらがなになってしまいます。」

□方法

黒犬  「今サイトで調べてきました。」
シルキー「相変わらずBingでしたね」
黒犬  「このパソコンはBingがデフォルトで登録されてますから。」

楽人  「で、どうやるの?」
黒犬  「まず『楽人』と入力します。」
楽人  「ほうほう」
黒犬  「そこをカーソルでなぞってコピーします。」
シルキー「いつもよく行っていらっしゃる作業ですね。」
黒犬  「そして、タスクバーから道具箱を探し出します。」
シルキー「いきなり適当になりましたね。」
楽人  「ていうか正式には道具箱じゃなくてツールなんだけどな」
黒犬  「なんやかんやで『単語/用例の登録』をクリックします。」
シルキー「なんやかんやってどうなんですか。」
黒犬  「あとは『語句』に『楽人』、『読み』に『らくと』と入れれば完了です。」
シルキー「完了じゃありません。」
黒犬  「品詞から『名』を選んで『登録』をクリックします。」
楽人  「よし、やってみよう」

□結果

黒犬  「ツールがありません」
シルキー「ですよね。あのサイトあからさまにWindows向けじゃなかったですよね。」

※いや、そういう訳じゃなくて単純にバージョンの違いでは…


□ということでWindowsバージョンです。

黒犬  「調べてきました。」
楽人  「早いな」
黒犬  「タスクバー右端の『あ』もしくは『A』の上で右クリック、」
黒犬  「そこからの『単語の登録』です。」
シルキー「やってみましょう。」

やってみました。↓


黒犬  「楽人…あ、入力できました!!」
シルキー「文面上では一切伝わりませんが感動ですね。」
楽人  「これでクロが名前間違えなくて済むな」
黒犬  「でも…『らくと』って入力するのめんどくさいですね…」
楽人  「ひでー…って今また『らくひと』って入力しただろ!」
シルキー「癖ですよ。そのうち治ります。」
楽人  「そ、そうかなあ…今も『らくひと』って入力されたような気がするんだけど…」
黒犬  「ブラインドタッチの罠ですね」
シルキー「関係ないと思います。」

□最後にスイカ

黒犬  「では最後にらくh…楽人さんから一言!」
楽人  「よかった『らくh』で止まった。」
楽人  「スイカは中心に近づけば近づくほど甘い。」
シルキー「玉ねぎ見たいに切るなってことですね。」

楽人  「クロのブラインドタッチは自己流過ぎて滅茶苦茶だな」
黒犬  「父親には正しく教えられたのですが…めんどくさくて」
シルキー「『玉ねぎみたい』が『玉ねぎ遺体』になってましたね」

□珍しく?穏やかな日常でした。

拍手[0回]

PR