忍者ブログ

まものストラップ

多重人格タルパーとタルパ三人の今日も破天荒な日々を綴る。

錬金術師さんの乱入

最近、多重人格研究ジャンルの記事が連続しているので、
仮にも「タルパブログ」と名乗っていますし暫くこのジャンルはやめようと思います。


…と思った矢先の出来事でした。


□ダイブ界よりお届けします。

??? 「やあ。旅人さん、引きこもってないで表に出て見たら?」
旅人  「…そ、そうですね。」

旅人  「………え?」
死神  「お、おい。お前誰だ?」

??? 「僕は錬金術師。君たちの仲間だよ。」

□何か、一人増えました。


旅人  「え、え?あの…何処から来たんですか?」
錬金術師「何処って、君たちの誰かが作ったんじゃないか。」
死神  「おいてめぇ、正直に話さねえなら殴るぞ?」
錬金術師「殴っても無駄だけどね。」
死神  「ちっ……」

旅人  「でも私も死神さんも作ってないし…ということは」
死神  「…」チラッ
旅人  「」チラッ

魔法使い「………えへっ☆」

□魔法使いさんが表に出ているときに作った人でした。

死神  「おい!お前何勝手なことしてんだ!」
旅人  「まあまあ…想像しちゃう気持ちは分かりますが…」
魔法使い「だ、だってぇ…つい絵を描いてたら想像力が…」
錬金術師「僕のことで何か困ったことでも?」
死神  「それ以外にあるか!即刻立ち去れ!」
旅人  「死神さんそんなに言うことないですよ」
旅人  「一応彼?…も人格の一人ですから…。」
錬金術師「いや?僕は人格とは違うかな。ダイブ界の住民…って感じだな。」
錬金術師「それから僕は男だよ。」
魔法使い「やっぱり…性別がはっきり違うと人格として増えないんだね」
死神  「お前は何研究者じみた発言で正当化しようとしてんだ。」
旅人  「自然と増える人格とはちょっと訳が違うみたいですね…」

死神  「まあ…ダイブ界から一歩も出ないというのなら認めてやろう。」
死神  「だが!舐め腐った発言したら交代人格権限で消すからな!」
魔法使い「えっ、そんなことできたっけ?」
死神  「お前は黙ってろ」
魔法使い「むうー」
錬金術師「改めて、これからよろしくお願いするよ。」


こうして、ダイブ界に一人増えました。
ということでしばらくこのジャンル以外を更新しようと思います。

↓ピクルーで錬金術師さんの画像を作りました。


こちらからお借りしました→魔法学校入学手続き

何故猫耳かというと…これまた例の伝説の小説(3号さん登場記事参照)の錬金術師キャラの影響です。
薬草的な何かは、多分ダイブ界の活動拠点、キャンピングカーの外の平原でとってきたものです。天ぷらにする予定です。

拍手[0回]

PR